公益社団法人 日本表面科学会 触媒表面科学研究部会


触媒表面科学研究部会 平成27年度設置趣旨



 触媒は、石油化学工業を支える基幹物質です。また、環境浄化のための自動車触媒は車社会に必須の物質でもあります。さらに現在は、環境エネルギー材料としての水素製造用光触媒や燃料電池電極触媒に大きな期待が寄せられています。触媒開発のための研究は、産官学いずれの研究機関においても活発に行われています。表面科学の手法や知見は触媒研究に大いに役立っています。特に、不均一系触媒反応では、物質表面で反応が進行するものであり、触媒作用の本質を解明するためには、表面素過程のメカニズムや表面の電子状態・構造を詳細に調べる必要があります。その意味で、表面科学と触媒科学は密接に関係している学問分野です。
 触媒表面科学研究部会の活動の趣旨は、我が国における触媒に関わる表面科学研究を振興することにあります。学術的かつ継続的な活動を通じて触媒表面科学の進歩発展に寄与し、当該分野において本会が国際的リーダーシップを発揮することを目的とします。これまで毎年度の表面科学学術講演会に部会セッションを組織し、参加者30-50名程度を得ています。部会セッションの招待講演者の選出や、表面科学誌への研究紹介執筆依頼などをあわせて、日本表面科学会の活動を支援しています。従来から引き継いでいる表面科学部会セッションを展開するとともに、触媒学会の表面と触媒設計部会との連携を通じて、表面科学会強化をはかり、表面科学の振興に努めていきます。
 今後は産業界とのパイプを構築して行く計画を持っています。今後はさらに産業界からの部会員を増やし、企業への情報発信を行って触媒表面科学部会の活動を拡大していこうと考えています。

 これからの日本表面科学会触媒表面科学研究部会の活動に御支援、御協力を頂きたく宜しくお願い致します。


入会のお誘い
  入会無料
  御興味がある方は下記連絡先まで御連絡ください。
  表面科学会の会員でない方は表面科学会への御入会をお勧めいたします。

     連絡先
      連絡先 福井賢一 
        大阪大学基礎工学研究科
        物質創成専攻 機能物質化学領域
      TEL 06-6850-6235
      FAX 06-6850-6235
          E-mail: